ある日、お姫様になってしまった件について◆第80話翻訳あらすじ◆パパとアタナシア

ある日、お姫様になってしまった件について◆第80話翻訳あらすじ◆パパとアタナシア

この記事は韓国にて配信中の「ある日、お姫様になってしまった件について」の2020年8月10日配信第80話のあらすじになります。自分が読むまであらすじ知りたくないという方はご注意くださいね。
また、この記事は韓国版を翻訳したものとなります。管理人は韓国語が堪能なわけではなく、翻訳機に通しながら独自解釈して記事を書いています。
台詞なども自分なりに書き換えていることもありますので今後公開される日本版や、他の方が翻訳されたものと中身が違うことがありますが、それをご理解いただいた上でお読みください。
間違いや解釈違いが許せない方にはおすすめできませんのでご注意ください。

漫画を実際に読んでみたい方は1話~3話までは無料で読めますので是非ピッコマで読んでみてくださいね。
4話以降もピッコマで読む場合には待てば無料という機能がありますので少し我慢が必要になりますが、待てば無料で読むこともできますよ。この記事を書いた時点で現在48話までWEB待てば無料が適用されています。
待てない場合はポイントを購入して読んでみてくださいね。

ピッコマで『ある日、お姫様になってしまった件について』を無料で読む

前回第79話のあらすじ

クロードを観察していたアタナシアはそれをクロードに気付かれて誤魔化す為に勉強で解らないところがあると答えました。
するとクロードはなんとアタナシアの勉強を見てくれたのです。
戸惑うアタナシアをよそに分かりやすく教えてくれるクロード。
アタナシアはその流れで魔法も勉強してるから見せてあげるねと練習中の浮遊魔法を披露するのですが、失敗してしまいます。
しかし今度は魔法の使い方までもクロードが指導してくれました。
もう一度やってみろと促され、言われた通りにやってみると何と浮遊魔法が成功しました。

「よくやった」
アナタシアは呆然としました。
何故なら、クロードがアタナシアに微笑みかけたのです。


詳細が知りたい方は前記事を読んでみてくださいね。

第80話あらすじ

それではここより第80話のあらすじとなります。

パパのこと

クロードの不調を心配したアタナシアはルーカスに頼んで様子を見てきてもらいます。
寝ていたというルーカスにホッとするアタナシア。
お休みとルーカスと別れて部屋へ戻りますがルーカスはアタナシアを見送った後、思案気な表情を浮かべます。

「言った方がいいのか。状態があまりよくないって」

ルーカスの言う通りかもしれない

部屋へ戻ったアタナシアはベッドの上で考えを巡らせます。
今まで生き残る為に愛されようと努力していたけど、クロードについては良く知らなかったんじゃないかと。
更にアタナシアはクロードについてどんな人なのか考えます。

「貴族たちには必要以上に乱暴だけど、民には聖君と呼ばれている」

パパは冷酷で残虐なだけの本の中の皇帝じゃない。少なくとも自分の知っているクロードはそうだと。
クロードの行動や言動は全て理由があったのではとアタナシアは思い、クロードにかけられている黒魔法について今度は考えます。

…お前を見ていると意味の解らない不快さを感じる

前にクロードに言われた言葉を思い出しながら、アタナシアは『可愛らしいお姫様』で読んだ内容を思い出します。
もしかして本の中のクロードも「アタナシア」を見たら不快な気分になったのではないかと。
そしてジェニットを傍に置いたのは苦痛が和らぐからではないかと思うのでした。

(辻褄がぴったり合う)

本の中のクロードがアタナシアに辛く当たっていたこと、ジェニットばかりを傍に置きあっさりとアタナシアを処刑してしまったこと。
これらは全てクロードにかけられていた黒魔法のせいではないか。
アタナシアは最終的にその考えに行きつきます。

アタナシアは自分がどうして嫌われるのかも知らず、どうして愛されることが出来ないのかも知らないまま死んだんだな

本の中の「アタナシア」のことを想った途端、アタナシアの目から涙が零れました。
自分でも何故泣いてしまったのか分からずに戸惑うアタナシア。
何故こんなにも胸が痛いのか、どうしてこんなにも本の中の「アタナシア」にまるで自分が経験したことのように感情移入してしまうのか、そんなことを考えながら夜を過ごしたのでした。

ひ、姫様昨夜なにかあったのですか?

アタナシアの瞼がパンパンに腫れているのを見て驚くリリアンに、アタナシアは夢見が悪くて寝付けなかったと答えます。
朝食を摂りながらアタナシアは昨夜グルグルと考えたことを思い返し、自分の仮説は正しいのではないかと思います。
そして夢の中に出てきた人物が重要な気がするけど、顔が薄暗くてよく思い出せない。

(でもまず先に考えるべきは記憶を失う前、パパの呪いが何故解けたか)

呪いが有効なら以前もアタナシアを見るだけに不快に思っていたはず。なのに記憶を失う前はそんな様子はありませんでした。
だから本の中と違って呪いが解けている。とアタナシアは考えます。

パパと4年早く会った何かが変わったのかな?

その他には本の中との差異が見つけられない。
アタナシアはそこに何か鍵があると考え、やってきたルーカスに自分の仮説を話すのでした。

「お前のパパをメンテナンスしながら分かったことだけど」

ルーカスはアタナシアの仮説より夢の方が気になると言います。
クロードは一度かけるだけでも危険な黒魔法を二つもかけてるとも告げました。
感情を消す魔法と記憶を消す魔法。
余程誰かを思い出したくないようだとルーカスはアタナシアを見ます。

「俺には心当たりがあるけど、お前のその表情を見る限りお前にも心当たりがあるようだな」

最後のコマはアタナシアの泣きだしそうな顔で終わります。

ある日、お姫様になってしまった件第80話の感想!

今回はぐるぐるとアタナシアがクロードについて考える回でした。
クロードの呪いは一体どこで解けたのでしょうか。
そしてきっと危険な黒魔法を2つかけてまで忘れたかったモノというのはアタナシアのお母さん、ダイアナですよね。
きっとそれほど愛してたんだなと思うとやるせないです。
早く黒魔法が解けたらいいのにと思います。
まだまだ目を離せない展開が続きますね。

このある日、お姫様になってしまった件についてはピッコマやその他媒体で配信されています。
漫画を読んでみたい方は読んでみてくださいね。
書籍でも今時点で3巻まで発売されていますよ。

ある日、お姫様にカテゴリの最新記事